小さな会社の経営者の最強ホームページ戦略

売上アップを目指す方へのWebマーケティング必勝法!

集客ブログを書くためのテーマ(ネタ)はどうやって決めるのか?

集客ブログを書くためのテーマ(ネタ)はどうやって決めるのか?

 

ブログは、継続して書いてゆくと、そのうちにネタ切れになってしまう場合が多いのですが、そのネタ切れを防ぐ【テーマの探し方】をご紹介します。

この方法を使えば、ブログのネタ切れに困る事も無く、しかも集客にも確実に有効なブログを書くことが出来るようになります。ただし、最終的なブログになるまでは、一般的なブログの書き方と考え方が違うので、少し時間が掛ります。
それを考慮しても、知っていて損の無い情報です。

 

ターゲットの選定 伝えるべき相手を決める。

まず最初に、ターゲット(読ませたい相手)を選定します。一般的なブログなどの場合は、書きたいテーマが先になるかと思いますが、それでは効率が悪いのです。

先にテーマ在りきでブログを書こうと思うと、まずテーマが決まらなれば書けない事になります。
しかも、ビジネスブログなどの場合は、毎日更新とはいきませんが、週に数回の更新はしたいところでしょう。そうなると、毎回テーマを探さなければなりません。最初の頃はいいでしょうが、書き続けているとそのうちに書くテーマ(ネタ)が無くなってしまい、ブログを書くことが難しくなってしまいます。

継続的にブログ書く難しさがこれです。

この問題を回避するためには【テーマ在りき】の考え方を止めます。そして、まず誰に伝えたいのか? 読んでもらいたいブログの読者を誰にするのかを決めます。

ビジネスブログですから、当然集客したいターゲットがいるはずです。まずは、そのターゲットにつてい考えます。そのターゲットはどんな情報を欲しがっているのか?をターゲットの気持ちになって考えます。そうする事で、様々な事が見えてくるかと思います。

ポイント:最初にターゲットを決める事で、ブログを書くことが楽になります。

 

何を書くか テーマの決定?

ターゲットが決まれば、次は何を書くかテーマの選定です。

例えば、この記事を読まれている方は、

・集客について困っている人
・ビジネスブログの書き方に困っている人
・ブログから集客したい人

などだと思います。

そうした人達の、問題点はどんな事でしょうか?おそらくブログで集客したい人や、ビジネスブログで商品を売りたい人など。色々だと思います。そうしたターゲットに対してどの様な事を書けばいいのか?ターゲットが困っている事は、一体何なのか? と考えると、おそらく複数の問題が出てくるでしょう。

その問題をブログのテーマとすれば、複数のブログを書くことが出来ます。また、それらの問題は根幹的な部分で共通点が多いの為に、テーマは別でも同じ方向性の読者を獲得する事が出来ます。

ポイント:顧客目線での問題を掘り起こす事で、ブログのテーマを探し出す事が出来るようになります。

 

言葉にして説明すると、それほど難しい事には見えないと思いますが、実はこの方法は最初の頃はかなり苦労すると思います。まずターゲット設定で、どんな人がターゲットになるのか?と考えなければなりませんし、更にターゲットが決まった後にあるテーマの決定がおそらく始めての人にとっては、とても難しい事になると思います。

今までのブログの書き方とは全く違う方法にチャレンジするのですから、簡単に出来るはずはありません。しかし、いつまでも難しいというわけではなく、何回も繰り返す事で、そのうちに簡単に出来るようになってきます。ですので、諦めずに継続する事が重要です。難しいからと言って逃げたり・避けていては、ネットからの集客はとてもできないでしょう。特にブログからの集客を考えるのであれば、時間が掛ります。ですからまずはこのプロセスを頭の中で繰り返し考えて、シュミレーションしてください。

私達は、ブログの内容についてもお客様のにアドバイスしております。現在のSEOではブログが唯一のSEO対策になるからです。同時に読者(お客様)が欲しい情報でなければ、検索もされません。検索されるブログになる為にも、お客様目線でのブログは重要になってきます。

 

関連記事: コンバージョンに繋がるブログ記事を書く3つのポイント。

関連記事: Hタグ(見出しタグ)を正しく使って、SEOに強くなるブログの書き方。

関連記事: ビジネスブログで、やってはいけない事。

関連記事: ブログを書いてからのGoogleインデックススピードを劇的に速めるには!


ホームページに関するお悩み無料相談

ホームページでのお悩みはありませんか?

・集客が上手く行かない。
・何をやればいいのかわからない。
・今のホームページでいいのか?
・ホームページ運営のコツを教えてほしい。
・自社のホームページの悪いところを教えてほしい。

など。

ホームページに関するご相談を受付けております。
ご相談は無料です。まずはご連絡ください。

無料ご相談フォーム

お名前

会社名

お電話

メールアドレス

都道府県

ホームページURL

お問い合わせ内容

  

Return Top