小さな会社の経営者の最強ホームページ戦略

売上アップを目指す方へのWebマーケティング必勝法!

鍼灸院・接骨院での繁盛集客事例!

鍼灸院・接骨院での繁盛集客事例!

鍼灸院の院長がブログとfacebookページを活用

鍼灸院 整体院、整骨院、マッサージ、カイロプラクティックなど
狭い地域内に多くの治療院が存在します。

そういった競合がひしめく中で、お客様に見つけてもらい、信用してもらい、選らばれる治療院になるにはどうすればいいでしょうか?

ホームページでの集客を諦めていた整体・鍼灸院のお客様が、ホームページリニューアル後、ブログとFacebookを使ってどんどん集客した実例です。

ホームページの更新は集客方法の基本です

ホームページは作りっぱなしではダメです、ましてや更新しないといけないということはよくわかっている。

しかし……

  • 以前ホームページを作っても成果が出なかった。
  • 手をかける時間も無い。
  • まわりに詳しい人もいない。
  • そのうちなんとかしようと思っている間に、まわりにどんどん治療院ができてくる。
  • 気が付いたら、インターネット上にまったく存在しない状態になっている。

そんな悪循環の中、解決策を手探りで探している時に、弊社へのご依頼がありました。

鍼灸院・整骨院などを決める理由は?

価格や場所が近いからというのではなく、本当に自分のカラダを任せて大丈夫な鍼灸院かどうか?です。

以下のような問題が解決すると来院しやすくなります。

  • 院長やスタッフの施術技術や人柄はどんな感じ?
  • 信頼のおける治療院か?
  • どのくらい通えばいいのか?
  • どんな治療をしているのか?
  • 身体のことがなんでも相談出来るか?

患者さんはどこに行っていいかわからない?

その治療院の先生のことを信頼でき、納得して施術を受けられる治療院が見つかることをいつも願っています。

ホームページでは、あらかじめ用意された情報を掲載しているので、こういった情報にはあまり信頼性がありません。

お客様の声に答えるようにブログやFacebookで専門性の高い情報発信やお客様とのコミュニケーションを繰り返しながらお客様との距離を近づけることで、信頼感も生まれ、あなた自身を信頼できる先生として認め、ファンになり来店につながる可能性があります。

また、鍼灸院・接骨院のような特に競合が多い業種は他の医院との差別化の為に、どんどんユーザーに有益な情報を発信し、引きつける必要があります。

関連記事: 顧客を惹きつけるコンテンツ・マーケティング

リニューアル後はこういった内容を盛り込んだホームページと、手軽に発信できるブログを一体化し、書いたブログをFacebookページやFacebookにすぐ告知するようにしていきました。

この施策を一定期間続けることにより、短期間でライバル治療院を抜き去りYahooやGoogleでの検索結果の上位になりました。

「鍼灸院 湘南」「鍼灸院 茅ヶ崎」 yahoo,google上位

shonan

Facebookページのファンも増えた事により、ホームページへのアクセス数が格段に上がり、新しいホームページになってからは新患の来院がかなり増えました。

Facebookなどソーシャルメディアは一般の広告媒体とは異なり、敷居の低さやお客様との距離間をぐっと近づける効果があり、単なるメディア広告だけで終わらせない色々な試みができます。また、書き込んだ情報の広がりが速いので、短時間に多くの人に見てもらえる事が可能です。これだけ効果的に人に見てもらる情報は、ソーシャルメディアの特徴の一つと言えます。
ブログとFacebookを利用した集客は、治療院が抱える悩みを解決するのに一役買うと言えます。

御社にあった集客スタイルが必ずあるはずです。
私達はその集客方法を見つけ出して、適切なアドバイスをしたいと思っております。
ご相談は無料ですので、現状の問題をご相談ください。
一緒に問題を解決しましょう。

院長自らがブランディングすることが大切です!
小さな会社だからこそ、社長自身のブランディングで差別化を。

鍼灸院 他のホームページ実績を見る

鍼灸三六九堂

関連記事:  O2O(オンラインとオフライン)で集客に成功した店舗(酵素風呂)の事例


ホームページに関するお悩み無料相談

ホームページでのお悩みはありませんか?

・集客が上手く行かない。
・何をやればいいのかわからない。
・今のホームページでいいのか?
・ホームページ運営のコツを教えてほしい。
・自社のホームページの悪いところを教えてほしい。

など。

ホームページに関するご相談を受付けております。
ご相談は無料です。まずはご連絡ください。

無料ご相談フォーム

お名前

会社名

お電話

メールアドレス

都道府県

ホームページURL

お問い合わせ内容

  

Return Top