小さな会社の経営者の最強ホームページ戦略

売上アップを目指す方へのWebマーケティング必勝法!

USP「独自の売り」で他社と差別化する方法

USP「独自の売り」で他社と差別化する方法

あなたにしかない強力なウリ USPを見つけよう!

競争が激化する市場でどのようにしたらライバル会社に差をつけることができるのか?

その鍵は、あなただけの「独自の売り」見つけることなのです。

「独自の売り」を発見できれば他社との差別化を図ることができます。

ライバル会社には無いあなたならでは独自の売り、この考え方をUSPといいます。

USPとは、Unique Selling Proposition(ユニーク・セリング・プロポジション)の略称で、日本語に直すと
「あなたの独自の売り・強み」になります。

あなた自身やあなたのビジネスを一言で表現して顧客にアピールする「あなた独自のセールスポイント」。 あなたやあなたのビジネスが他社に較べて優っているもの。

USPは伝説のコピーライター 広告マンとして知られたロッサー・リーブスが1961年にまとめたもので、
「USPがなければビジネスはやるな」 とまで言わるくらい大事な概念です。

USPでよく引き合いに出されるのが「ドミノピザの成功例」です。

ドミノピザは創業者が学費を稼ぐために始めたピザ屋が「アツアツのピザを30分以内でお届けします。間に合わなければ、代金は頂きません」という独自の売りを作りだし 今や巨大企業になり誰も知っています。

ドミノピザのUSP

Unique(ユニーク) 独自 「間に合わなければ代金は頂きません」
Selling(セリング) 売り 「30分以内でお届けします」
Proposition(プロポジション) 提案 「アツアツのピザ」

 

最高のUSPですね!

USPを明確にすることであなたは競合よりも有利な立場に立ちます。
逆に、他との違いを明確にしていかなければ埋没してしまい、市場で生き残るのは難しいと言えます。

競争相手が多ければ多いほどUSPは重要になってきます。では、どのようにこのUSPを表現していけば良いのか?

USPを作って、ただ宣伝すればいいというものではありません。

「うちの売りはこれです、これだったら誰にも負けません。」と言ってもそこに顧客ニーズがなければ、見当違いの方向を向いている事になりますし、専

門的サービスを提供する会社の多くは、顧客(見込み客)は自らの専門性を買ってくれていると考えがちですが、顧客にとってあなたの専門性は当然と思ってお
り、競合他社との違いを明確に区別できません。

顧客のニーズに応えるUSPでなければなりません。

顧客は誰も、「どこにでもある」「どこの会社でも取り扱っている」 一般的な商品やサービスを探しているのではありません。

「自分のために、自分に合った」商品を探しているのです。

「他の誰もが提供しない、あなたのための特別な商品です。」と言ってくれる人を待っています。

そして、それが信頼してもらうための「約束」でもあり、約束を守ることで、あなたの信頼を確実に積み上げていくことになります。

112

あなたも、顧客の本当のニーズや望みがどこにあって、どんな問題を抱えていて、どうしたら解決できるのかを考えてじっくりUSPを作成してみて下さい。

自社の強みのたな卸し(業務のすべてに関係したものピックアップ)を行い、どのようなことを訴えれば、競合他社と差別化できるか?を検討していくことが必要です。

自社の商品やサービスのUSPを作成するということはとても重要な事です。
時間をかけてじっくりUSPを作成して下さい。

あなただけの強力なUSPを作って、ライバル会社と差別化を図ってください!

関連おススメ記事:  物語る」ことから始まる新たなストーリー ストーリーテリングの重要性

 


ホームページに関するお悩み無料相談

ホームページでのお悩みはありませんか?

・集客が上手く行かない。
・何をやればいいのかわからない。
・今のホームページでいいのか?
・ホームページ運営のコツを教えてほしい。
・自社のホームページの悪いところを教えてほしい。

など。

ホームページに関するご相談を受付けております。
ご相談は無料です。まずはご連絡ください。

無料ご相談フォーム

お名前

会社名

お電話

メールアドレス

都道府県

ホームページURL

お問い合わせ内容

  

Return Top