小さな会社の経営者の最強ホームページ戦略

売上アップを目指す方へのWebマーケティング必勝法!

整体院の集客で成果を出すために、まずやるべきこと。 整体院集客成功法!

整体院の集客で成果を出すために、まずやるべきこと。 整体院集客成功法!

整体院はリピート率を上げる事が重要!

事業を成り立たせるための方法は各々により違いはありますが、根本的には全ての事業において人に来て頂く事で成立するという共通点があり、特にシンプルな仕組みになっているのが整体院です。

利益を出して安定的に事業を成り立たせるためには新規の患者さんを集客するのと同時に、何度も繰り返し通院して頂くというものであるためです。

つまり、独立などにより自らが経営者となり歩を歩み始めたのにも関わらず、事業の面で悩みを抱えてしまうのはたとえ人が来ていたとしてもリピーターを増やせていない事が要因として挙げられます。

まずは、紹介依頼で多くの人に知ってもらおう

そのため、整体院で成功する方法として挙げられるのはいかに多くの人々に存在を知ってもらえて気にかけてもらえるのかが要になるので、まずは紹介の依頼をしてみる事から始めてみましょう。

紹介の依頼をするというのは最も手軽である上に新たに資金を投資する必要が無いので、現状打破を望んでいるものの投資できる余裕が無いという経営者にとって頼もしいです。
しかも、紹介を依頼する方というのは既に親しい関係性にある方を対象にするので、まだ営業活動に慣れていないという方や苦手意識を有している方であっても行いやすいという魅力もあります。

自身の整体院の紹介カードをデザインし製造した後は親や祖父母、親戚などにお渡しし親や祖父母、親戚などの友人知人に対してお渡ししてもらえるようにお願いしてみましょう。

身内や極めて近い関係性の方々に対して配布している様子から一見するとあまり効果的ではない手段に見えますが、身近な関係性にある者を起点として末広がりに広がっていくので紹介カードを目にして来院して下さった方がとても遠い関係性にある方という事例も稀有ではありません。

地域密着は挨拶回りを忘れずに

続いて、営業方法としての基本である挨拶回りも欠かす事ができない集客の手段であり、整体院を構えている周辺の店舗や住宅に対して挨拶回りをするというのはアナログな方法ですが、現代でも欠かしてはならない成功する方法です。

挨拶をする事により整体の施設が近隣に開業したという情報を知って頂く事ができるのみならず、どのような人が経営者として開業するのかという情報も知って頂けるようになるので、人付き合いを構築するきっかけになります。

整体はもちろん全ての事業にも当てはめて言う事ができる事ですが、他者が何らかの事業に惹かれる時というのは提供されているサービスや製品が優れている事に限らず、関わっている人間の人柄に惹かれて贔屓にするという事例が多いので、顔を見せて人柄を知って頂くのはとても有効的な手段です。

さらに、実際に顔を出して行う挨拶回りと共に営業活動の要と言っても過言ではないのがチラシを配布しポストに投入していく方法ですが、近年ではインターネットの普及により以前に比べるとあまり採用率が低くなってきています。

ネット全盛の時代、チラシ配布も有効な方法です

しかし、インターネットにウェブサイトを構築したりSNSのアカウントを取得して投稿を行っていたとしても、数あるウェブサイトやアカウントの中からピンポイント的にアクセスして下さる可能性は低いので、ローカルなエリアに向けて地に足の着いた訴えかけを行うのであればチラシを配布する方法が最善です。

加えて、チラシを配布する事というのは非常に有利に営業活動が行えて集客ができる方法でもあり、その理由は直接競合の関係性に位置するライバルが行っている可能性が大変低いためです。

そういった状況なので、ポストの中では自らの整体院の独壇場といった様子になっており、新聞に折込チラシを入れてもらう場合のように他の数多くのチラシの中に紛れ込んでしまうといった恐れも無く、大変高い確率で整体院の集客に繋げられます。

まとめ

いかがでしたか?
この記事ではリアルでの集客方法について書きましたが、ホームページやSNSでの成功事例もあります。
集客方法にこれが一番いいというものはありません。色々試してみてあなたにとって一番効果的な集客方法を見つけて下さい。
では、成功をお祈りしています。

鍼灸院・接骨院での繁盛集客事例!

ec0ca7c0723e769179b2b2a8d2f6e7c2_s

鍼灸院・整体院・接骨院ホームページ制作実績

jisseki


ホームページに関するお悩み無料相談

ホームページでのお悩みはありませんか?

・集客が上手く行かない。
・何をやればいいのかわからない。
・今のホームページでいいのか?
・ホームページ運営のコツを教えてほしい。
・自社のホームページの悪いところを教えてほしい。

など。

ホームページに関するご相談を受付けております。
ご相談は無料です。まずはご連絡ください。

無料ご相談フォーム

お名前

会社名

お電話

メールアドレス

都道府県

ホームページURL

お問い合わせ内容

  

Return Top