小さな会社の経営者の最強ホームページ戦略

売上アップを目指す方へのWebマーケティング必勝法!

Web戦略の 本質とは、「強み」を活かして戦うことです。

Web戦略の 本質とは、「強み」を活かして戦うことです。

先日 集客のコンサル依頼がありました。
その方は、色々な活動をして、HPも3つ ブログも持っています。

インターネットで勝つためには戦略が必ず必要です。

色々な事業を行い、同時にそれぞれの集客を行わなければなりません。

闇雲にホームページやブログを作り、情報発信をしていくわけですが、
戦略も何もなく、間違った方法でどんどん進んでも成果を得る事はできません。

小規模事業者の戦略には 差別化(ポジショニング) 一点集中 小規模位一位
が必勝条件です。

色々な活動しているので、ユーザー側から見ると何をされている人なのか、
はっきり見えにくい部分があります。立ち位置(ポジショニング)をもっと明確にして
パーソナルブランディングする必要があります。

関連記事: 戦略上、ポジショニングは最重要です。あなたの会社や商品のポジショニングは明確ですか?

また、ビジネスについては当面は一本にしぼって集中的にやった方がうまくいく確立が高いと思います。
もちろん他のことはやらないというわけではなく、一番うまくいきそうなものに重点をおくという意味です。
うまくいったら次のものに行く。

これを徹底気的にやる必要があります。

選択と集中です。(ドラッカーも戦略とは捨て去る事と言ってます)

これが勝つ為の経営ルールです。

色々な事をやると、すべてが中途半端になります。まずはひとつに集中する必要があります。
集中するビジネスに関しては
そのビジネスの強み、弱み、機会、脅威などの観点から選択します。

例えば

  • 強み: 経験がある
  • 弱み: 知名度?
  • 機会: ブームになっている?
  • 脅威: 少子化
  • ターゲット:   競合:   市場の大きさ:

自分の強みだと思っている事は、ユーザーの求めてる価値と一致しなければ意味がありません。
関連記事: お客様にとっての価値を考える。

実績や経験年数は信頼性という意味で強みにはなります。

具体的な施策としては
ブログを中心に積極的に情報発信しながら、ソーシャルメディアで拡散して
多くの人に活動を知ってもらいながら、ファンになってもらい顧客化していく方法です。

① 情報発信の主体 HP+ブログ一体型(CMS)

現在ブログは無料ブログにしていますが、ビジネスをやるのであれば無料ブログは
だめです。

ブログ感覚でホームページを更新するCMSがアクセスを集めやすいです。

CMSのメリット:
関連記事: リフォーム会社や工務店は情報発信して、お客様に見つけてもらいましょう!

ターゲットユーザーを明確する(具体的な年齢や嗜好なども決めます)
ターゲットに対して有益な情報や興味をもってもらう情報を発信していきます。

コンテンツマーケティング :
関連記事: 顧客を惹きつけるコンテンツ・マーケティング

このことにより、多くのキーワードで集客できるようになります
ロングテールSEO:
関連記事: SEOで確実に成果を出す為のキーワード選びのポイントは、「確実に上がること」と「売上につながること」

ソーシャルメディアとも相性がいいです。
集客は、検索+ソーシャルメディアから集める事を基本とします。

パーソナルブランディングは
② Facebookページ(ビジネスアカウント) Facebook個人アカントを利用する
HP、ブログとも連携し、見に来てもらうようにする。

Facebookの個人アカウントで人脈の構築を行う。コミュニティの参加や、
コミュニティ(グループ)の構築、イベント機能によるイベントの招待など。
ベースをホームページ+ブログに置き、しっかりとした導線

Facebookページは専門性の発信ができ、興味ある人がいいねするので、ファンを集めやすい。

③ メルマガを登録してもらう
④ セミナー開催
⑤ その他のソーシャルメディア(Youtube,Twitter等)

以上を徹底的に連携してやる必要があります。

一年で集客の仕組みを作り、二年目からすべてご自分でできる事が目標です。
ネットとリアルでお手伝いさせていただきます。


ホームページに関するお悩み無料相談

ホームページでのお悩みはありませんか?

・集客が上手く行かない。
・何をやればいいのかわからない。
・今のホームページでいいのか?
・ホームページ運営のコツを教えてほしい。
・自社のホームページの悪いところを教えてほしい。

など。

ホームページに関するご相談を受付けております。
ご相談は無料です。まずはご連絡ください。

無料ご相談フォーム

お名前

会社名

お電話

メールアドレス

都道府県

ホームページURL

お問い合わせ内容

  

Return Top