小さな会社の経営者の最強ホームページ戦略

売上アップを目指す方へのWebマーケティング必勝法!

マーケティングの行動心理学 アンカリング効果

マーケティングの行動心理学 アンカリング効果

ホームページやランディングページ DMやチラシ等 見る人の行動心理を読み解くと成約率が高くなります。
マーケティングに役立つ行動心理学の手法はいくつかありますが、アンカリング効果についてお話しします。

アンカリング効果とは?

人は一番最初に見た数字が強く印象に残り、その後の意思決定を行う際、最初に見た数字に大きく影響を受ける傾向にあります。これを「アンカリング効果」といいます。
アンカリング効果の言葉の由来は、錨(アンカー)を降ろした船は、海底に沈んだ錨を基点に船が繋がれた範囲内でしか動けなくなる例えから、最初に見た印象の強かった数字がその後の判断に影響を与えるてしまうというたとえです。

アンカリング効果のWebマーケティングへの応用

Webの世界においても、よくこのアンカリング効果を狙ったマーケティング方法が使われています。

たとえば、ホームページでこのような表示を見かけませんか?

1

システムキッチン 通常価格 500,000円 が 今なら50%OFF の 特別価格 250,000円
システムキッチン 250,000円とするより、
「通常価格 500,000円 → 特別価格
250,000円」と表示することで、最初に提示した通常価格500,000円という情報がアンカーとなり、500,000円円という価格に対して 50%も値引きされているという判断がなされ、よい買い物ができたぞと思わせる事ができます。これが、アンカリング効果です。

アンカリング効果を使う際の注意点

アンカリング効果を使ったマーケティングは、上記のように価格の比較には効果を発揮しますが「二重価格表示」にならないよう注意して下さい。
「二重価格表示」とは、通常価格を本来の価格よりも引き上げて、あたかも値引きされたかのように表記することです。

例えば、「通常価格50万」というのがそもそも虚偽で、普段から25万円で売っている商品なのにもかかわらず、「通常50万円のところ、今だと 50%OFF の25万円」というように表示することを言います。

消費者は間違った情報をつかまされて間違った判断に誘導され、不当な価格の商品を買わされた状態になってしまいます。

このような事から、二重価格表示をすると、景品表示法違反になります。
消費者庁のページに二重表示価格の詳細が載っていますので参考にしてみましょう。

アンカリング効果を狙って、通常価格を高くみせかけて売りたい場合、同じ店舗内で通常価格での販売実績が一定期間必要となります。


ホームページに関するお悩み無料相談

ホームページでのお悩みはありませんか?

・集客が上手く行かない。
・何をやればいいのかわからない。
・今のホームページでいいのか?
・ホームページ運営のコツを教えてほしい。
・自社のホームページの悪いところを教えてほしい。

など。

ホームページに関するご相談を受付けております。
ご相談は無料です。まずはご連絡ください。

無料ご相談フォーム

お名前

会社名

お電話

メールアドレス

都道府県

ホームページURL

お問い合わせ内容

  

ABOUT THE AUTHOR

森 浩

ネットとリアルの連携で売り上げを最大化するコンサルタント


ソーシャルメディアを活用したO2O店舗集客コンサルタント


中小企業庁 ミラサポの派遣専門家


Webマーケティング戦略に基づいて

Webサイトの目標の設定、必要な施策の設定、目標達成までのプロセスをトータルにサポートします。

無料メルマガ配信中

ホームページ運営・集客に役立つ情報が手に入る、メールマガジンです。

Return Top