小さな会社の経営者の最強ホームページ戦略

売上アップを目指す方へのWebマーケティング必勝法!

ショートコードを使ったphpファイルの呼び出し方法。

ショートコードを使ったphpファイルの呼び出し方法。

ワードプレス(WordPress)のショートコードを使って、phpの外部ファイルを呼び出す方法です。

ショートコードを使う事で、投稿記事の中や固定ページにphpで取得したリストやイベントを表示させる事が出来ます。

表示イメージ

ショートコードを使わなくても、ワードプレスでは指定したphpファイルを呼び出す関数があります。

これは、sample.phpを読み込んで、表示させる関数です。

※この他にも同様の動きをする関数が複数あります。

この関数は直接テーマファイルに記述する必要があるので、テーマの編集に慣れていないと少々ハードルが高いですね。

それと、どうしても投稿記事や固定ページ本文中に、外部ファイルを読み込ませたい場合などは、本文中に直接phpコードを書くとセキュリティ的に問題があるので、ショートコードが使えると非常に便利です。

ショートコード化する事で、記述する事も少なく効率的な投稿が出来ます。

とにかく、投稿文章内にphpファイル使った記述ができるので、他のブログやホームページとは違う演出が出来ます。

また、テーマファイルへの変更が無いので、テーマのバージョンアップなどで直接書き込んだコードが消される事がありません。

これは、かなり大きなメリットです。

※テーマのバージョンアップ時は必ずテーマのバックアップはとってしください。

参考ページ:ワードプレステーマのバージョンアップで失敗しない方法

ショートコード化のデメリット

ショートコード化のデメリットは…… 直接的なモノは思い当たりません。

しいて言えば、場所を選ばずに記述が出来るので、外部ファイルが増える事でしょうか。

その為の、対策も一応されているので、大丈夫です。

※一部のプラグインで、functions.phpを読みこまないプラグインがあります。その場合は、今回のショートコードは実行されません。もしショートコードが表示されないのであれば、関連するプラグインを確認してください

作業手順

  • functions.phpにコードを追記
  • news.phpを制作 ※サンプルファイルです。
  • 任意の場所にショートコードを記述

 

functions.phpにコードを追記

テーマのfunctions.phpに下記のコードを追記します。

functions.phpの場所は

ドメイン名/wp-content/themes/使用しているテーマ/

にあります。

functions.php

先程のデメリットで言いましたように、外部ファイルが増える場合には、テーマファイルと同じ階層では、ファイルが増えて管理がしにくくなります。そこで読み込む場所を指定出来る様になっています。読み込み先を指定する事で、外部ファイルを一か所に的まで管理できるようになり、テーマの管理が楽になります。

7行目を下段の様に変更すれば、特定の場所を指定出来ます。

とする事で、任意の場所にphpファイルを置く事が出来ます。

 

サンプルファイル

このサンプルファイルは新着記事の一覧リストです。

詳細はご説明しませんが、シンプルなリストファイルです。

news.php

 

このnews.phpをテーマファイルと同じ階層につくってください。

※先のfunctions.phpで読み先を指定した場合は、指定したフォルダーにいれてください。

※ファイルの文字コードはUTF-8としてください。Shift-jisで制作した場合は、日付の箇所が文字化けするので注意してください。

ご自身で用意されてた、他のphpファイルでも結構です。

 

任意の場所にショートコードを記述

本文中の任意の場所に下記のショートコードを記述してください。

記述方法

拡張子は不要です。

 

今回の内容は、簡単ではありませんが、これは上手く使う事でホームページの見せ方を大きく変える事が出来ます。

ワードプレスはこうした情報が沢山あるので、非常に助かります。

また、こうした改造(カスタマイズ)を日々行っている事がワードプレスの凄いところです。

プロがワードプレスを使う理由は様々ですが、こうした柔軟さは他のCMSでな無いところですね。

今回のソースは下記サイトを参考とさせてもらいました。

参考サイト:How to Develop a PHP File Include Plugin for WordPress


ホームページに関するお悩み無料相談

ホームページでのお悩みはありませんか?

・集客が上手く行かない。
・何をやればいいのかわからない。
・今のホームページでいいのか?
・ホームページ運営のコツを教えてほしい。
・自社のホームページの悪いところを教えてほしい。

など。

ホームページに関するご相談を受付けております。
ご相談は無料です。まずはご連絡ください。

無料ご相談フォーム

お名前

お電話

メールアドレス

都道府県

ホームページURL

お問い合わせ内容

  

ABOUT THE AUTHOR

本田 和人
ホームページ制作・ワードプレス制作・SEO/SMO対策・ソーシャルメディア全般ワードプレスをベースとしたホームページ制作に多数の実績あり。ソーシャルメディアとワードプレスを連携した集客 SMO対策などを行っています。

無料メルマガ配信中

ホームページ運営・集客に役立つ情報が手に入る、メールマガジンです。

Return Top